クレジットカード会社別審査基準ビート

クレジットカード会社別の審査基準を紹介

住宅ローンとクレジットカードの審査の関係


住宅を持つ、ということはステイタスそのものですし、賃貸で高い費用を払っていくのなら、その費用を住宅ローンに回して、いつか自分のものになるほうがいいと考える人が多いのも、当たり前のことでしょう。

住宅ローンの審査をクレジットカードの関係と照らしあわせてみましょう。

クレジットカードの審査基準は、一般的にキャパシティ、キャラクター、キャピタルの3Cで決まります。

住宅ローンを組む場合には、当然のことですが一定の条件があります。
ローンを組む中でも住宅ローンの場合、かなりの長期ローンとなるほか、金額的にも大きなものとなりますから、条件があって当然です。

貸出の上限は通常、年収の5倍以内、物件価格のうち80%以下ということが言われています。

また、貸出を行う金融機関からすれば、不安定収入となる自営業の方よりも、安定的なサラリーマン、つまり給与所得者の方がスコア的によくなるということをご存知でしょう。

住宅ローンを組むということは3000万円、5000万円などの多額のローンを組むということになります。

それを一個人の方に融資するのですから、慎重になることも当然です。
となると、住宅ローンを組む時、クレジットカードの存在が気になりますね。

住宅ローンを組みたいと思う人が住宅ローン審査を申し入れると、クレジットカードやそのほかのローンについて履歴を調査されます。
5年以内に遅延や延滞の記録がある、またクレジットカードの審査を次々に受けていたり、クレジットカードの保有枚数などもチェックされます。

住宅ローンの審査とクレジットカードの関係で、一番金融機関が注意するのが、消費者金融に債務があるという場合です。
今消費者金融との取引がある、以前借りていたという事実があると、スコアリング的にマイナス事項となります。

延滞はもちろんのこと、クレジットカードの保有枚数が多いというのも金融機関にとって不安要素です。

というのも、クレジットカードにはキャッシング枠がありますので、その枠で借金をする可能性が否定できないからです。

保有枚数が多い方は、住宅ローンの審査を受ける前に、必要ないものを解約しておくことも必要ですよ。

クレジットカードにも発行する会社によって
色々と区別されています。
信販系、流通系、消費者金融系など。
その中でも、銀行系と呼ばれるクレジットカードがあります。

これは言葉のとおり、一般の銀行、地方銀行、また
最近では利用者も急増しているネット銀行など
「銀行本体」、もしくはその子会社、グループ会社が
発行しているクレジットカードの事です。続きを読む

クレジットカードの世界では最大手。
国内では唯一の国際カードである、知らぬ人はいないJCB。
JCBとは、「日本(ジャパン)クレジットビューロー」の頭文字です。
設立当初はこの会社名でしたが、
その後現在のJCBという称号になりました。
今や「ジェーシービー」といえば「クレジットカード」
というような代名詞として圧倒的な存在感を持つ、
老舗中の老舗ですね。
続きを読む

お財布の中でひときわ目立つ、青地に黄色のTカード。
ご存知、大元はレンタル会社のTSUTAYAのカードですが
今やコンビニからファミレス、あらゆるところで
ポイントを付けたり、使ったりすることができます。
また、様々なクレジットカードと提携していて
Tポイント機能付きのカードが様々出ています。続きを読む

クレジットカード、使ってますか?
今やネット通販が一般的になっているご時世。
ネットショッピングの決済は、方法は色々ありますけれど
やはりクレジットカードが一番手間がありません。
ひところはインターネット上でカード番号を入力する事に
激しい抵抗感のある方が多かったですが
今ではだれもが気軽にカードでネットショッピングする時代です。
(とはいえ、私の周りではまだまだ気を許していない人も多いですが…)
続きを読む

キャバ嬢・お水のクレジットカード審査は厳しい場合が考えられますが、どういった雇用形態になっているかによっても違ってきます。
アルバイトやパートタイマーとしての契約を行っている場合には、職業は飲食店のアルバイトやパートタイマーということになるでしょう。
また、自営業という場合でもそれで審査が100パーセント通らないということにはなりません。続きを読む

ゴールドカードというと一般的なサラリーマンには手が届かない条件のクレジットカードと認識している人が多いと思いということを最初にお話ししました。
バブルのころにはゴールドカードの審査に通過するというとかなりの高属性をもっている人でした。
でも以前と比較して比べ物にならないほど、ゴールドカードの条件ラインは低くなっている現代です。だからといって誰でも作れるというわけではありませんが・・・。続きを読む

以前はなかなか作りにくいといわれていた外資系クレジットカードですが、現在は外資系クレジットカードも持ちやすい時代になっています。
外資系クレジットカードは審査基準が高いといわれていましたが、中でも、シティクレジットカードは比較的審査基準も甘く、審査に通過しやすいクレジットカードだといわれています。続きを読む

クレジットカードの中でも、ゴールドカードというと位が高い・・というか、自分は持てないカードだよなーなんて思うものです。
以前、そうあのバブルの絶頂期にはこんなに若い人がゴールドカード!!なんて思ったりもしたものです。
その当時、ゴールドカードの審査は当然厳しく、まさにクレジットカード界の最高峰!!といったイメージでした。続きを読む

セゾンカードは、年会費無料だしポイント交換期限もないし、西友などでお買い物をする機会が多い人にはぜひほしいクレジットカードになると思います。
5日、20日には西友などでお買い物すると5%OFFになる、というのもうれしいサービスですものね。
女性も男性ももっているとお得なカードだといえるでしょう。
特に主婦層の方々には人気のカードとなっています。続きを読む

アメリカンエクスプレスカードにもいろいろな種類がありますが、通常、アメリカンエキスプレスのクレジットカードで基本となるのが、アメックスグリーンカードというカードになります。
文字通り、緑色のクレジットカードです。
基本形となるクレジットカードとはいえ、ほかのクレジットカードと比較すると、レベル的に同じということではなく、ゴールドカード?と思うくらいのサービスがある魅力的なカードです。
ただ問題は、以前から言われているアメリカンエクスプレスカード・アメックスの審査が厳しいという点です。続きを読む

オリコと聞くと皆さん審査がとても優しいカードというイメージがあるかもしれません。
流通系クレジットカードではなく、信販系のクレジットカードですから、審査基準もそう低くないはずなのですが、信販系カードの中でオリコカードは取得しやすいカードといわれているのです。
一般的に自営業ではなく、源泉徴収票が出る人、つまりサラリーマンの方であれば、問題なくクレジットカードが持てるといわれています。
続きを読む

ほかのクレジットカードよりもブランド力が高いといわれているのが、三井住友VISAカードですね。
ただクレジットカードの中でも、とても固いイメージがあるため、インターネット上の口コミサイトなどでも、「審査に通過しにくい」「審査が厳しい」ということが言われています。
ほかのクレジットカードより年収の基準が高い、属性がかなり高くないと持てないなど、噂としては審査に関してとても厳しい基準だといわれています。続きを読む

クレジットカードのライフカードは、年会費永年無料カードがあったり、学生専用カードがあったり、また年会費がかかりますがゴールドカードは利便性の高いクレジットカードだといわれています。
学生専用カードは文字通り学生専用であり、サラリーマンなどが申し込みすることはできません。
ゴールドカードを除くライフカードの審査については、比較的緩い、ということが言われています。続きを読む

現代にはたくさんのクレジットカードがありますね。
IT企業関連などのクレジットカードが人気ですが、中でも楽天でのお買いもののポイントが多くなったり、割引などのサービスが利用できることもある楽天カードは、インターネットショッピングを行う方にとって、とても魅力的なカードになると思います。続きを読む

このページのトップヘ