現代にはたくさんのクレジットカードがありますね。
IT企業関連などのクレジットカードが人気ですが、中でも楽天でのお買いもののポイントが多くなったり、割引などのサービスが利用できることもある楽天カードは、インターネットショッピングを行う方にとって、とても魅力的なカードになると思います。

さてでは・・人気の楽天カードの審査は、厳しいかどうか?調べてみました。
まず、楽天のクレジットカードを作りたいという場合には、楽天会員となっていることが必要となります。
楽天の会員となり、ユーザーIDとパスワードを設定して、申込フォームにたどりつくという仕組みになっています。
申込からカード到着まで、5営業日位ということですから、そのほかのクレジットカードとそう変わりはありません。

楽天のクレジットカードの審査も、ほかの審査と同じように個人信用情報機関により債務履歴を調べ延滞等のトラブルがないかを確認することから開始します。
この情報に特に大きなトラブルがない限り、それほど厳しい審査にならないといわれています。
ただ、お勤め先への勤続年数が3年以下など短い場合や、固定電話のあるなしによって審査に落ちる可能性もあるようです。

楽天のクレジットカード申し込みを行った人の中には、クレジットカードが到着するまでかなり時間がかかったという人もいますし、最短で来たという方もいます。
また、年収も勤続年数など属性がほとんど変わらないという状態なのに、審査に通過できなったという声もあります。
通りやすいのじゃないか?という意見を聞いてみると、もともと楽天のユーザーIDとパスワードを持っていて、楽天銀行からの支払いなどが延滞なく行われていた人などが挙げられます。

楽天のクレジットカードを所有したいと思う方は、まず、クレジットカード申し込みの前に、楽天銀行で口座を作っておくといいというお話も聞きます。
返済もそこから行ったほうが楽なので、IDとパスの取得、楽天銀行開設、それから楽天のクレジットカード申し込み・・・という感じで進めていくといいかもしれません。