クレジットカードのライフカードは、年会費永年無料カードがあったり、学生専用カードがあったり、また年会費がかかりますがゴールドカードは利便性の高いクレジットカードだといわれています。
学生専用カードは文字通り学生専用であり、サラリーマンなどが申し込みすることはできません。
ゴールドカードを除くライフカードの審査については、比較的緩い、ということが言われています。
ライフの審査もほかのクレジットカードと同じように、個人信用情報機関とその方の属性などを審査します。
審査で重視されるのは、年収、勤続年数、居住年収などですが、この中でも勤続年数は3年以上は必要といわれています。
また、最近は固定電話を利用しない人が多く、特に若者は電話加入権利を持っていない方が非常に多くなっていますね。

実はこの固定電話を持っているかどうかという部分、クレジットカードの審査では審査項目に含まれることが多いのです。
少しでも審査に受かりやすくしておくためには、固定電話を持っているといいということも効きます。
勤続年数はライフカードの場合、勤続年数が1年未満だと落ちてしまうということが言われています。
一般的なクレジットカードの審査では、勤続年数3年以上という場合も多いのですが、ライフカードは1年以上勤続のため、ほかのクレジットカードの審査よりやさしいと判断できるでしょう。

学生専用カードの場合、学生証を確認します。
18歳以上25歳以下の申込となりますが、未成年の方は親権者の同意書が必要となります。
アルバイトなどを行っており、毎月一定のアルバイト料などがあれば、学生専用カードの審査は一般的に通りやすいといわれています。
アルバイトなどを行っていない・・・となると、少し厳しいかもしれませんね。

ライフカードのゴールドカードの場合、ほかのクレジットカードのゴールドカードよりも審査に通過しやすいといわれています。
もちろん、一般のカードよりは審査基準が高くなりますが、それでも、ゴールドカードを持ちたいという方は、ライフカードの申し込みなら通過するかも・・・という方が多いです。