オリコと聞くと皆さん審査がとても優しいカードというイメージがあるかもしれません。
流通系クレジットカードではなく、信販系のクレジットカードですから、審査基準もそう低くないはずなのですが、信販系カードの中でオリコカードは取得しやすいカードといわれているのです。
一般的に自営業ではなく、源泉徴収票が出る人、つまりサラリーマンの方であれば、問題なくクレジットカードが持てるといわれています。
企業の規模など関係なく、その企業に1年以上勤務していれば審査に通るということが言われていますので、サラリーマンで初めて作ったカードがオリコカード、という方も多いと思います。
オリコカードを作ることができない、審査に落ちてしまったという場合、ほかの信販系クレジットカードを持つ・・・ということがかなり難しくなると思います。
その場合、流通系クレジットカードや消費者金融系のクレジットカードへの審査申し込みをしてみましょう。

社会人となって即、オリコカードが作れたという方も少なくありません。
つまり、一応、勤続年数1年以上とうたっていることがありますが、勤続年数が1年未満であっても、企業へお勤めしている方であれば、もつことができるクレジットカードなのです。
もちろん、オリコカードの審査も、ほかのクレジットカードと同じように、個人信用情報機関で債務についての確認を行い、属性を確認し、勤務先での在籍確認などを行います。
審査で重要になるのが、やはり個人信用情報機関の確認です。

もしここに、以前の履歴や現代の履歴に遅延等のトラブルがあった、ある場合、また利用残高が年収と対比して多いということになるとカードの審査は下りないでしょう。
最近はサラリーマンの方でキャッシングを利用する方も多くなっているので、遅延等のトラブルがないか、クレジットカードを持ちすぎていないか?など審査の前に考えてみることも必要です。
こうした部分に傷がなければ、問題なくオリコカードを作ることができるでしょう。