以前はなかなか作りにくいといわれていた外資系クレジットカードですが、現在は外資系クレジットカードも持ちやすい時代になっています。
外資系クレジットカードは審査基準が高いといわれていましたが、中でも、シティクレジットカードは比較的審査基準も甘く、審査に通過しやすいクレジットカードだといわれています。
こうした外資系クレジットカードの場合、審査の日程が長いという場合も多いのですが、シティカードの魅力の一つに、外資系クレジットカードなのに審査結果が出るのが非常に早いという点です。
海外旅行に行くのにクレジットカードを作っていなかった!!早く作りたいという場合、対応が早いシティカードを選択するという方も少なくありません。
インターネットの申し込みが午前中であれば、何と翌日にクレジットカードが届くということもあるといいます。
このスピーディ対応はかなり魅力です。

ただ日本のクレジットカードと比較すると、スピーディであるからこそ、審査基準がどうなっているの?ということが判断しにくいという点もあります。
はっきりと、こういう条件がクリアされれば、シティカードの発行ができますよ、ということがいえないのです。
クレジットカードの申込を行った人からの調査によると、国内の銀行系クレジットカードを申し込み、審査を通らなかったという方でも、シティカードの審査はあっさり通過したということもいわれています。
チャレンジしてみる価値がありそうですね。

年収条件等を見ても、シティカードの種類によってかなり低い・・と感じます。
シ ティリワードカードやシティエリートの場合、年収が200万円以上が条件となっていますし、シティリワードワールドカードやゴールドカードの場合、年収 400万円以上であることが条件なので、サービスや利便性を考えると、審査条件としては決して高くない属性だと感じます。
国内の銀行系クレジットカード審査に落ちた・・という方も一度、シティクレジットカードの審査を受けてみるといいですね。