キャバ嬢・お水のクレジットカード審査は厳しい場合が考えられますが、どういった雇用形態になっているかによっても違ってきます。
アルバイトやパートタイマーとしての契約を行っている場合には、職業は飲食店のアルバイトやパートタイマーということになるでしょう。
また、自営業という場合でもそれで審査が100パーセント通らないということにはなりません。

前年までの年収と勤続年数がポイントになるのは、水商売の方でも同じです。
勤務先が飲食関係の場合には、夜の20時まで在籍確認を行っているところも普通です。

クレジットカード会社は職業差別を行うことはありません、水商売だからといってクレジットカードを発行しないというルールを公に認めるところはないのです。
それぞれのクレジットカード会社でも独自の審査基準を設けています。

クレジットカード会社の審査基準は、それぞれの会社によって大きく違うと言われています。
クレジットカード会社には大きくわけて、銀行系・流通系・信販系・消費者金融系があります。

審査の厳しさでは銀行系のクレジットカードがもっとも審査の難易度が高いと言われています。
流通系のクレジットカード会社は、主婦層や学生層、アルバイトやフリーター、パートタイマーでも審査が通り易いと言われています。

信販系のクレジットカード会社は、銀行系のクレジットカード会社に次いで審査の難易度が高いと言われています。

消費者金融系のクレジットカードは、ショッピングに対する限度額は低めですが審査の難易度は低いと言われてます。

クレジットカード会社の審査の基準として、年収・勤務年数・居住年数が基本の審査属性と言われています。
職業がどのようなものかという点で審査が通らないことはほとんどないと言われています。
審査が通らない理由としては、すでに他のクレジットカード会社のクレジットカードで支払い遅延を起こしている場合や、一度に多くのクレジットカード会社に申し込みを行っている場合などがあげられます。