お財布の中でひときわ目立つ、青地に黄色のTカード。
ご存知、大元はレンタル会社のTSUTAYAのカードですが
今やコンビニからファミレス、あらゆるところで
ポイントを付けたり、使ったりすることができます。
また、様々なクレジットカードと提携していて
Tポイント機能付きのカードが様々出ています。
コンビニの中でも人気の高い、
ファミリーマートも例外ではありません。
ファミリーマートにはもともと
「ファミマカード」というポイントカードがありましたが、
これにこのTポイント機能を付けて新たに誕生したのが
ファミマTカード」です。

こちらも、前出のセディナカードと同様、
リボ払い専用カードです。
しかし、こちらも月々の支払額を
「手数料なしの全額払い」に
設定を変えることができますので
通常のカードと同じような感覚で使えます。

さて、このファミマTカードの審査は一体どんなものなのでしょうか。

多くの体験談やデータなどを総合すると、
比較的審査が通りやすい、作りやすいカードであるようです。
クレジットカードを作る際のこの審査は、
カード会社が信用機関に様々な情報を照会して判断されます。
この「情報」とは、年齢から勤務先、勤続年数などの個人情報から
様々な金融商品に関する支払い状況などまで
細かく網羅されているもの。

審査ではこの中でも当然のことながら、
返済能力が最大のポイントになり、とりわけ職業に関しては
自営業やフリーターなどには厳しい判断が下されることが多いのです。
フリーターはともかく、自営業はなぜでしょう?

クレジットカードを作る場合に、審査と同時に
その職場に在籍しているかどうかという「在籍確認」の電話が
来ることもあるのですが、
自営業の場合には在籍確認が分かりづらい場合や、
他にも年収に幅があったり、
ひどい場合には無職なのに自営業と申請している場合もあったりと
きちんと商売をしている方は本当にやるせないと思いますが、
こういったようなケースも少なくはないために
審査が通りにくい場合が往々にしてあるのです。

しかし、ファミマTカードの場合には
自営業やフリーター、アルバイトなどでも
割合とすんなり審査を通っている事が多いので、
他でなかなか審査の通らない…とお悩みの方は
お試しになってみてはいかがでしょうか。